今すぐ買取り価格を調べる
電話一本で即査定

イセキ HFG331の買取事例

イセキのコンバインHFG331を売却

コンバイン イセキ HFG331
使用年数 7年
買取価格 50万円
エリア 茨城県
売却されたイセキのコンバインHFG331
HFG331・買取事例

使用していたコンバインは刃の切れ味がだいぶ悪くなってきて、エンジンの調子も悪くオイル漏れを起こしていました。
修理か買い替えで検討しましたが、イセキの現行シリーズは評判が良かったので思い切って代替えしました。

コンバインは1台で全ての畑を対応していたので収穫期には月に20日くらいフル稼働をする事もあり、7年でアワーメーターは1,000時間を超えていました。
前回のコンバインは10年弱使いましたが、稲作農家はコンバインが生命線でスムーズに作業できなかったり、不調で作業と止まると大きな損失につながります。

今後も多分7〜8年が代替えサイクルになると思っています。
売却した旧モデルは刃とゴムクローラーが交換時期で、その2つだけでも交換費用で40〜50万円ほどかかります。

また、オイル漏れも起こしていて小さい不具合も数箇所あるので、年式やモデルの割りは状態は悪かったと思います。
前回コンバインを代替えした時は、10年使いましたがイセキの同様のモデルで25万円ほどで売却しました。
今回は若干新しいですが、アワーメーターやオイル漏れ、ゴムクローラーの磨耗状態が前回よりも悪かったので、同じくらいの値段が付けばいいと思っていました。

今までパソコンやネットは苦手でしたが、スマートフォンを持ってから多少の検索や調べ物ができるようになりました。
その中で口コミや評判が良かった農機具ひろばさんに相談しました。

もし安かったら他の業者にも相談しようと思っていましたが、現車査定で状態を見極めた上で50万円の提示をしていただけました。
値段の根拠も中古相場や状態など修理の必要な箇所など詳しく解説してもらえて納得出来たので即決しました。
5条刈のコンバインは新車で買うと1,000万円前後するのですが、それでも思っていたよりも数十万円高く売れるのは嬉しいものです。

収穫が落ち着いたら家族旅行に行こうと計画していましたが、コンバインが高く売れたお金で少し豪華な旅行にできそうです。
ネットで調べた面識のない業者を利用するのは抵抗がありましたが、口コミの評判が良いだけあって、買取額も高く取引もスムーズ現金決済で安心できましたし、スタッフの対応も良かったです。
これまでネット社会には否定的な考えを持っていた部分もありましたが、こうした大きいお金が絡む話はちょっとした情報収集や業者選びで数十万円の差が出るので重宝しました。

一部ではホームページで少ない拠点数で全国対応している所などもあり、こうした怪しい業者だけは使う気になりませんでした。
農機具ひろばさんは、買取業者の中でも拠点数が多く信頼できました。