今すぐ買取り価格を調べる
電話一本で即査定

ジョンディア3210の買取事例

ジョンディア3210を120万円査定

トラクター John Deere(ジョンディア)3210
使用年数 10年
買取価格 120万円
エリア 長野県
120万円査定されたジョンディア3210
ジョンディア3210・買取事例

ジョンディア3210を長年愛用してきました。
グリーンの外観と快適で軽快な作業ができる高スペックで非常に気に入ってましたが、経年劣化でオイル滲みや、タイヤの亀裂、一部操作ボタンの接触不良など不具合も目立ってきました。

お金をかけて整備すれば、まだ乗れそうだったのですが、豊作の年に当たり思い切って新車のジョンディア6110Rに乗り換える事にしました。
新車のジョンディアは割高なのですが、1度ジョンディアを使うと国産に戻りたくない気持ちになり、近所の農家がクボタの新車を買ったのも決め手になって新車代替を決めました。

個人的には昔の迫力がありスマートなデザインが好きだったのですが、販売店の方に慣れればデザインも絶対気にいると言われました。
実際に代替してみて、慣れるどころか納車された瞬間に愛着を持つ事ができました。

古いジョンディアですが、中古でも人気が高いしメーカーで、知り合いの農家から100万円で譲ってくれという話がありました。
高年式のジョンディアの中古は500万以上で業者が売っているようでしたが、古いモデルはインターネットで調べても販売事例が見つけられず100万円が妥当なのか全く分かりませんでした。

ボロボロの使い古しなので、乗用車の感覚だと100万円も付けば御の字なのですが、トラクターの相場が分からなかったので1度業者の査定を受けてみる事にしました。
念のため2社に出張査定をお願いした所、1社目は80万円を提示してきました。

そんなものかと思っていましたが、2社目の農機具ひろばさんは120万の査定を出してくれました。
業者によって1.5倍も差が出た事にビックリしました。

その場で購入希望の知人に電話して120万円なら業者じゃなくて知人に売ってもいいと伝えたのですが、修理を業者に依頼する事を考えると100万円以上は出せないと断られました。

ちなみに、その後ジョンディアの購入で販売店で下取査定してもらいましたが、95万円が一杯だと言われました。

トラクターを買い換えようと思った時は、下取額は数十万円程度と考えてたので、想定以上の購入資金の足しになってとても助かりました。

後日、私のジョンディアを買おうとしてた知人から、売りたい物があるから業者を教えてくれと連絡があり、紹介しましたが満足する取引ができたようです。
また、代替時期になったら、農機具ひろばさんに相談しようと思います。