今すぐ買取り価格を調べる
電話一本で即査定

ヤンマー US31の買取事例

ヤンマーのトラクターUS31を売却

田植機 ヤンマー US31
使用年数 18年
買取価格 10万円
エリア 秋田県
売却されたヤンマーのトラクターUS31
US31・買取事例

30〜40年程前に購入し、20年弱使用。
その後長年倉庫で保管していたトラクターがありました。
保管した当時はまだ使えましたし、大きさと32馬力のエンジンは使い勝手がよく、何かしら使い道があると思っていました。

自分で使わなくても、その気になれば農家の知人で欲しがる人がいるだろうと簡単に考えてました。
最初の頃は、たまにエンジンをかけるなど、ちょっとしたメンテナンスもしていましたが、時間とともに放置するようになり、ホコリやらクモの巣などで醜い状況になっていました。

また、トラクターも数十年経過すると進化してコンパクトでハイパワーなモデルの人気が高くなってきました。
US31は古いだけではなく、車体の大きさに対して32馬力は非力で誰も欲しがらないようなポンコツの型遅れになってしまいました。
これ以上取っておいてもしょうがないですし、長年放置したので愛着も薄れてしまい処分する事にしました。

一応室内倉庫で保管していましたが、状態が醜く、エンジンもかからない状態です。
スクラップか数万円ほど付けば十分だと思っていましたが、ネットで調べると、「古いトラクターも高価買取」といった広告が多数あり、もしかしたら、うちのトラクターでもと若干の期待を持ちました。

高価買取の広告は、結局難癖をつけて安く持っていかれるイメージが強く、半信半疑ではありますが、農機具買取の専門業者を利用する事にしました。
秋田県で不動車だったので、ある程度は利用できる業者が限られていて、ネットの評判が良かった農機具ひろばを利用しました。
乗用車を売却した時は一括査定を利用した事もありましたが、ボロボロのトラクターなので、色々な業者に声をかけるのも申し訳なく、どうせタダ同然の値段しか付かないと軽く考え競合はさせませんでした。

農機具ひろばでネット申し込みをすると、すぐに電話がかかってきて出張買取の段取りをしました。
現車を見ると驚くだろうなと思っていたのですが、担当スタッフが状態を確認すると、慣れた感じで放置する前の状態や使用状況を色々聞かれました。

そして、服が汚れる事など気にせずにトラクターのホコリを落として色々とチェックした結果、直せばまだ使えそうなので10万円でいいかがでしょう。と言ってきました。
こんなに簡単に見た目スクラップのトラクターが10万円の値が付いた事にとても驚いたのを覚えています。

交渉すれば、もっと高くなったかもしれないですが、引き取りにも手間がかかりそうなのと、スタッフが一生懸命査定してくれたのが伝わったので、その条件でお願いしますと伝えました。
トラクターの状態や時代遅れなモデルという事は理解しているので、10万円の買取額に満足しています。ありがとうございました。