農機具ひろば

中古農機具のチェックポイント

農機具導入にあたり新車ではなく中古で購入を検討される農家も多いです。
中古は商品選定をしっかり行わないと買ってから使い勝手の悪さを感じたり、すぐに不具合やトラブルが発生することもあります。

数多くの中古農機具の買取実績がある農機具ひろばが教える「中古農機具を買う時のチェックポイント」です。

 

必須機能・性能の確認

悪徳業者は適正な買取相場を認識していながら、お客様に対して安い買取査定額を提示したり買取代金の支払いをスムーズに行わない業者です。
農機具の悪徳買取業者の特徴についてまとめました。

 

農機具は様々な種類があり、畑や育てる穀物・野菜や果物の種類によって必要な性能が違います。
安い農機具を見つけても必要な機能や性能が追いついていないと意味がありません。

中古農機具の選定ミスで多いのはトラクターの馬力不足や2WD・4WDの選定ミスです。
低馬力の2WDは驚く程安価で流通している中古も多数あります。しかし中規模以上の農家には向いていないですし、再度売却しようとしても値段が付きにくいので注意しましょう。
ほかにもロータリーの種類やコンバインの自脱型や普通型など最低限必要な性能や機種・スペックを把握して上で中古選びを行いましょう。

まずは気軽に無料査定!

展示車は実際に動作させる

店頭展示している中古は販売店のスタッフに声をかけて実際にエンジンをかけて簡単に動かしてみましょう。
古いものや在庫期間が長いとエンジンが掛かりにくい場合もありますが、チョークを引いてすぐにかかるか、エンジンを温めた時にアイドリングが安定するかまで見ておきましょう。
動きに不自然がないか?実際に動かして確認する事で失敗リスクを抑えられます。

まずは気軽に無料査定!

オイル漏れの確認

中古農機具は販売店で売られているものを含めて100%のコンディションとは限りません。
不具合で非常に多いのがオイル漏れです。駆動部からオイル漏れがないか確認しておきましょう。

滲み程度であればごまかして使えますが、床にオイルが漏れたあとが広がっている場合は早急な修理が必要で無理して使うと短期間でオイルが全部抜け落ちるくらい悪化する場合があります。
中古農機具を見る時は最低限置いてある場所の床をチェックしておきましょう。

まずは気軽に無料査定!

目安は1,000時間

アワーメーターが付いている農機具は稼働時間で使用頻度を確認しておきましょう。
使用状況によってアワー時間に対する傷み方は変わってきますがおよその目安は1,000時間を基準に商品価値が安くなります。

アワーメーター1,000時間を車で例えると走行距離10万kmです。
10万kmを超えると必ず壊れる訳ではないですが、故障リスクが高まり中古の市場価値も下がります。

車の場合、排気量が小さいコンパクトカーや軽は10万kmを超えると故障リスクが高まり寿命が短いと言われています。
排気量が大きい高級セダンは10万kmでも通過点で、しっかり整備をすれば20万km・30万kmと大きな故障なしに乗れます。

トラクター等の農機具は馬力の大きさが寿命に影響を与えます。
20馬力以下の農機具はアワーメーター1,000h未満で寿命を迎える事があり、50馬力以上であれば2,000h以上使ってもエンジンは快調な場合もあります。
馬力(エンジンの大きさ)を踏まえてアワーメーターを見るようにしましょう。

まずは気軽に無料査定!

どこでも
出張・高額買取!

お電話一本 TEL0120-37-4000