農機具ひろば

メーカー別の需要と相場一覧

やはり国産が人気?

価格面・性能面・耐久性の観点から日本国内では国産農機具が大きなシェアを持つのは言うまでもありません。 ただ、大型機具や高馬力機に需要がある地域では米国John&Deere社をはじめ、ドイツCLAAS社やあのスーパーカーでお馴染みランボルギーニ社まで様々な機材が輸入されています。

農機具は自動車と異なり、機能とコストが選定条件の全てでメンテナンスを考えれば
地域に販売店や代理店があることが大前提となります。

そのため数年での入れ替えや
売却を考えたときも

矢印

国産、特に主要4社製で
あることが
望ましいと言えます。

まずは気軽に無料査定!

日本農機具生産台数

古来より農業と共に歩んできた我国ですが、技術の進化と共に農業機械分野も一つの産業となりました。
国内の農機具生産台数は2015年データで約109万台にのぼり、機具別の割合は以下グラフの通りです。

自動車の国内生産台数930万台に比べれば1/10程度の市場ですが、年間100万台規模のマーケットが存在しています。
農家数はここ数年は横ばい状態が続いているので、新型機械が生産されている反面、旧型は中古市場に流れたり海外輸出されて
いるのです。
生産台数から逆算しても数十万台規模の中古農機具市場が存在しているのです。

まずは気軽に無料査定!

日本農機具生産台数

2015年の農林水産省発表によれば、クボタ・イセキ・ヤンマー・三菱の主要4者のシェアは
次の通りで8割以上のシェアを占めています。

また、中古買取相場における統計的な話では同様の年式・グレード・使用期間・コンディションならクボタ>ヤンマー>イセキ>三菱の順で高値が付きやすいという特徴もあります。

背景にはメーカー問わず日本製の高機能かつ耐久性・メンテナンス性に
優れた機械が評価されたと見れます。

まずは気軽に無料査定!

どこでも
出張・高額買取!

お電話一本 TEL0120-37-4000