農機具ひろば

お電話一本TEL:0120-37-4000
お問い合わせ

農業用ドローンとは?

ドローンの活用は農業界のトレンドの一つですが、実際に何をできるのかでしょうか?圃場を歩き回っていた労力を減らせることが第一のメリットであるものの、更に具体的には、どんな作業がドローンでできるのか?を調べてみました

農薬散布

ドローンを農業に活用するに当たって、まず思い浮かぶのが、農薬散布ではないでしょうか。
例えば、水稲の農薬散布を、業者へ外注して無人ヘリコプターで行っている方なら、その作業をドローンに代えることが考えられます。
外注の場合、コストがかかったり、外注先により散布タイミングが決められてしまうこともあるため、自分の圃場にとって本当に防除に適したタイミングであるとばかりは限らないでしょう。
こうした課題は、ドローンを使用することで解消できます。自身で運用することで、外注先のスケジュールにとらわれることなく散布できるからです。

まずは気軽に無料査定!

飛ばすのに技術がいる?

飛ばすことは簡単なようです。難しいのは、『まっすぐに飛ばし、圃場の終端で正確に折り返す』ことです。ですが、機種によっては、高精度で飛行位置をコントロール、かつ完全自動飛行ができるものもあり、スマートフォンのアプリからボタンを押すだけで、勝手に飛んでくれるみたいです。歩き回る必要もありませんから疲れませんし、一人で、誰でも簡単に飛ばせるから、若い方や女性の方が、農業に関わるきっかけになるかもしれません。

まずは気軽に無料査定!

近い将来のこと

ドローンは年々、進化しています。

分析、肥料散布も可能になるかも!と言われています。ものによっては既に発売されているドローンで、農薬(流剤)散布だけでなく、肥料(粒剤)の散布ができるユニットも発売されたようです

どんどん進化していくドローン技術が、近い将来農業を大きく変化させるかもしれません。

まずは気軽に無料査定!

どこでも
出張・高額買取!

お電話一本 TEL0120-37-4000